前へ
次へ

腰痛になったら安静にしておくべきか

骨折をしたときは患部を固定して安静にする必要があります。折れたとしても固定することで元に戻すことがで

more

腰痛の原因として考えられること

腰痛の一番の原因として考えられるのは、姿勢の悪さです。特に、猫背の場合はてきめんに腰に負担がかかるこ

more

腰痛発症の原因は多くが職業や生活習慣が要因

腰痛の原因は様々で腰そのものに問題があること以外にも、職業や生活習慣などの要因が複雑に絡むことで発症

more

腰痛対策のため正しい座り方を学ぼう

パソコンを使って座って仕事を行う人もいるのではないでしょうか。座って仕事をする時に気になるのが腰痛です。正しい姿勢で座っていれば腰に負担を掛けずに済みますが、多くの人は正しい姿勢で座っていないために腰を悪くする人が続出しています。腰痛を抱えている人が多くいるのがその証左です。間違った座り方をしていると腰を痛める原因になりますので、正しい姿勢をマスターすることが大事になります。正しい姿勢で座るのがなぜいいのかというと、正しい姿勢で座ることで無駄が無い状態をキープすることができます。無駄が無い状態だと腰が疲れにくいですし、エネルギーの消費を抑えることが可能です。しかし、腰の負担を増やす座り方になると、腰回りの筋肉が疲れやすくなり、その繰り返しによって腰を痛めるという結果になります。正しい姿勢で座るためには、前かがみの状態で椅子に深く座り、状態を起こして背筋をピンと張ることが大切です。これらを意識して座るようにすれば正しい姿勢を身につけることができます。ただ、いくら正しい姿勢で着席したとしても、机と椅子との距離が離れすぎていると前傾姿勢を取らなければいけなくなりますので、自分がきちんと正しく座るために距離を確保することです。目が悪い状態の時は無意識のうちに前傾姿勢になっていたりしますが、前傾姿勢は腰だけでなく肩こりの原因にもなりますので、注意をしたほうがいいです。パソコンと椅子との距離の問題で解決できるのであれば、適切な位置を調節するべきです。それで解決できないのであれば、自分の視力に合ったメガネやコンタクトレンズを購入するという方法もあります。仕事などでずっと座っているのもあまりいい状態ではありませんから、1時間から2時間ごとに立ち上がったりストレッチをしたりということが有効です。長時間同じ姿勢をキープすると疲労が溜まってきますので、時々休憩の一環で体を動かすようにしたほうがいいでしょう。

http://www.doyama-ladies.com/
大阪梅田で人工妊娠中絶のご相談なら堂山レディースクリニックにお任せください

眼科 小田原
心のこもったサービスをご提供させていただきます

激しい痛みや慢性痛にも効く鍼治療
ギックリ腰や頑固な慢性痛も治せますので、お気軽にご相談下さい。

吉野町 歯医者
オーダーメイドの歯科治療をご提供させていただきます

お子様連れでも安心して通院できる久地にある歯科医院
キッズスペースを設けており、治療中も専門のスタッフがお子様を見ておりますので安心して治療を受けることができます。

Page Top